マニュアル(全体像)

記事を書く目的は「ユーザーの悩みを解決する」こと

記事を書く目的は検索ユーザーの悩みを解決してあげることです。ですが、私たちが書く記事が検索ユーザーに届かなければ始まりません。

検索ユーザーに表示されるには、Googleに良い評価をしてもらう必要があります。そこで、Googleに評価されるために使う技術が「SEO(検索エンジン最適化)対策」です。

SEOは意外と難しくルールが複雑なので、初心者には少し難しいと思います。なので、僕たちはこのようにSEOに乗っ取ったマニュアルをお渡しした次第です。

これさえ守ればSEOの最低限のルールは守れます。

逆にマニュアルを守らないと、どれだけ良い記事を書いてもだれにも読んでもらえません。

せっかく記事を書くのです。僕たちと一緒に、世界に良い記事を届けましょう。

SEOについて詳しく知りたい人は『SEO対策とは – 初心者でも分かるSEOの基礎 –』をご覧ください。

SEOで勝つには良いコンテンツも必要

SEOには複雑なルールがあるとお伝えしました。SEOで勝つには、キーワードの入れ方や画像の設定方法などから、サイト設計まで様々な攻略法があります。

ですが、SEO対策を一生懸命したところで、記事のクオリティが低ければ評価されません。なぜかというと、Googleには「読者のニーズを満たせる良いコンテンツを評価する」という指針があるから。

Googleのシステムの抜け道を探すようなSEO対策は長期的にはメリットがありません。コンテンツの質を上げることで、読者に届け続けることが出来る記事になるのです。

詳しくはバズ部の『SEOで成果を出すために必要な知識と実践方法の全て』を読むと理解できます。

つまり、大切なのは「良いコンテンツ」と「SEO対策」

お分かりいただけましたか。良いコンテンツだけだとGoogleから存在してることを気づいてもらえないし、SEO対策だけしていても良い評価は得られません。

ライターさんとして絶対忘れてほしくないことがあります。

「良いコンテンツ」と「SEO対策」することで、やっと人に記事が届けられるということ

きちんとマニュアルを読んで記事を書けば問題ありません。ぜひこのことを頭に入れた状態で記事執筆に移ってくださいね!

実際に記事を書く手順

  1. 指定のGoogle docsを受け取る
  2. ドキュメントのキーワードに沿ってアウトラインを作成する
  3. アウトラインの完成後、連絡する
  4. アウトラインの確認をもらった後、Wordpress上で記事執筆に移る
  5. 執筆完了したら報告する
  6. フィードバックをもらい修正をする

アウトライン作成手順

まずは貰ったドキュメントを基に、アウトラインを作成しましょう。

記事執筆方法

アウトラインの作成、お疲れさまでした。ここからは記事執筆に移っていただきます。

記事執筆には「最低限の守るべきルール」と「高い質の記事を書く方法」があります。

ひとつずつ記事を紹介しているので、目を通して頂けますと幸いです。

WPの使い方

WPの使い方が分からない人は、こちらからご覧ください。

最低限守るべきルール

まずは、最低限の守るべきルールであるレギュレーションをお読みください。

質の高い記事を書く方法

レギュレーションを確認したら、実際に記事を作成する方法を確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です